ケノンでVIOラインの脱毛!やり方は簡単?効果についても詳しく知りたい!

vioライン(アンダーヘア)の処理をしたいけど、脱毛サロンに行くのは恥ずかしい・・ そんな人の救世主でもある “ケノン”。
もちろんアンダーヘアもお手の物!と言いたいところですが、ケノンメーカーはvラインの脱毛は認めていますが、iライン・oラインの脱毛は推奨していません。

i・oラインの脱毛に関してですが実際は数多くのケノンユーザーが、vioラインの脱毛の仕方や効果のほどを実践した様子を自サイトなどで公開しています。このような人たちはもちろん「自己責任」において、ケノンでvioラインの脱毛を実践してそれを公開しているワケですが、やはり「自分がやる」となると不安はつきません。「痛みは?」「効果はどれくらいでで始めるの?」「どのカートリッジを使えばいいの?」など疑問は次々と湧いてきます。

そこで “vioライン=アンダーヘア” を処理する際のやり方、ケノンの使い方などの詳細を、上記のような実践サイトにも負けない詳しい内容で徹底解説していきたいと思います!

ケノンはvioにも使えるの?

ケノン vio やり方
ケノンは脱毛サロンなどと同じ光フラッシュ方式を採用した家庭用脱毛器です。全身のあらゆる部位を脱毛することができるとされていますが、iライン・oライン・鼻から上の部分 に関しては基本的にメーカー非推奨です。

ですがそのような部位も自己責任での処理においては特に禁止している訳ではありません。キチンとやり方を理解して、ケノンを正しく使うことで十分に効果を実感できるvioの脱毛ができます

vioラインというのは全部の体毛の中でも「超」がつくほどデリケートな部分の毛です。そのような部分を自分で脱毛するとなると、やはりそれなりの手順やコツを把握しておくことが重要。

ケノンでvio脱毛するメリット・デメリット.

i・oラインがメーカー非推奨というのがどうしても気になる人は、とりあえずvラインのみケノンで処理してi・oラインは脱毛サロン もしくは医療クリニックに行くという手もアリです。

ですが、せっかくケノンを持っているのであればi・oラインも処理できるだけの実力を備えている脱毛器なので利用しない手はないでしょう。
では脱毛サロンと比較した場合、ケノンでvioを処理することのメリット、そしてデメリットとはどのようなもなのでしょうか。

《メリット》
・ 施術に対する恥ずかしさがない.
・ 自分の好きな時、好きな場所でいつでも処理ができる!
・ vioだけでなく、ケノン1台で全身の脱毛ができるので脱毛サロンに通うより断然リーズナブル!
・ 照射回数を気にすることなく、いわば「回数無制限」の脱毛.
・ 自分の裁量で脱毛できるので処理間隔を短縮したりして効果を早めたりすることができる.
・ 美顔機能も併せているためvioラインの黒ズミにも効果が期待できる.
・ 予約を取る手間や通うことのめんどくささから解放される.

《デメリット》
・ 自分でやるということで、どうしても照射漏れや重ね打ちなどの誤照射が発生するためムラになりやすい.
・ 家庭用脱毛器ということで、出力パワーが業務用に比べると落ちるので効果を実感するまでには時間がかかる.
・ やはりプロによる施術とは安全面で差が出るので肌トラブルのリスクが高まる.
・ 自己処理ということで脱毛に時間を取られ過ぎるケースがある.

ケノンでvio脱毛をすることは、確かにデメリットもありますがメリットの方が多いことがわかります。

ただ肌トラブルのリスクが高いという部分だけはサラッと見過ごすことはできない問題で、例えばどのような肌トラブルが考えられるか、ということも十分に把握しておく必要があります。

ケノンでのvio脱毛で起こりうる肌トラブルとは.

● 赤み・炎症・肌アレ.
vioラインの皮膚は、下着や生理用品・洋服などのコスレによってほとんどのケースで色素沈着(黒ズミ)を起こしていることが多い部位です。そのような部位にイキナリ出力レベルの高いフラッシュを照射すると、間違いなく照射後の皮膚は赤みや炎症を引き起こします。

● i・oラインの粘膜部分への照射.
特にvioラインのiライン・oラインの自己処理は、粘膜部分にもあたるので細心の注意が必要になります。粘膜で覆われている部分に、うっかりフラッシュを照射して少しでも刺激が強すぎた場合すぐに傷ついてしまう恐れがあります。i・oラインは自分の目で目視確認をしながら照射することができない部分ですので、照射したい箇所に的確に光を当てるというのはかなり難しく、よほどの「慣れ」が必要になります。

● ヤケド.
ケノンでは「ヤケド」は本当に極マレなトラブルです。ですが上記のようにイキナリ高出力で照射をしたりすると、肌アレ・赤み・炎症を通り越して「ヤケド」といった症状に見舞われることになります。一旦ヤケドなどを引き起こすと、完治するまではフラッシュ照射ができずに脱毛処理を中断せざるを得なくなります。そうなると脱毛効果にも影響しますので照射の際は十分な注意が必要です。

● 肌の乾燥・カユミ.
照射後、肌の保湿を十分にしないでいると皮膚は照射の熱で火照ったままの状態となり次第に乾燥が進んでいきます。肌が乾燥すると必然的にかゆみが発生するもの。そしてカユイと手でかきむしることとなり皮膚を傷つける。というようにどんどん負の連鎖的に繋がっていきます。
 

vio脱毛を自己処理する場合、以上のような肌トラブルが起こる可能性があるということだけ頭に入れておきましょう。事前に知っておくだけでも、イザ実際にそのようなトラブルを目の当たりにした時の対処の仕方も変わってくるものです。

このような肌トラブルを「知っている」ということで、慌てずに冷静な判断ができることでしょう。

ケノンでvio脱毛!まずは準備が大切!

ケノンでvio脱毛のやり方を解説する前に、事前の準備を万端に整えることが重要!照射日当日に「カートリッジの残量がない!」「保冷剤凍らせるの忘れてた!」「シェービングしてない!」なんてことのないように、シッカリと段取りを踏んで確実に必要なものを揃えましょう!

vio脱毛に最適なカートリッジはどれ?

vioラインを脱毛するのに最適なカートリッジはどれを使えばいいのでしょうか?ケノンは家庭用脱毛器の中でカートリッジの豊富さでは最多を誇っています。2017年のバージョンアップの際に新たに追加され、ケノン付属のカートリッジとなった「プレミアムカートリッジ」を加えると ”5種類” にも及びます。

ひとつは ”スキンケアカートリッジ” という「美顔用」に使うものなので、実質的には4種類ですが・・。それでも脱毛用として4種類というのは、やっぱり脱毛器では際多数であることに違いありません。

その4種類のうちでvioラインにもっとも適しているカートリッジは、「ラージCT・プレミアムCT・ストロングCT」の3つです。残りのひとつ ”EXラージCT” はケノンでもっとも広い口径のカートリッジですが、vioには口径が広すぎて向きません。

vioラインの処理に使えるカートリッジは、口径が狭ければ狭いほどよくて、正直もっともベストなのは ”ストロングCT” です。ストロングCTは剛毛から産毛まであらゆる毛に対応できる、まさにその名の通り「ストロング」なカートリッジです。vioラインの剛毛で密集した部分の毛は、かっこうのターゲット!黒々としたメラニン色素たっぷりの毛が得意なのです。ただ、このカートリッジは効果が高い反面、vioには少々刺激が強すぎる という人もいて、実際かなりの痛みを伴います。

ストロングCTを押す理由はもう一つあって、それはケノンの中でイチバン口径が小さいこと。ケノンの前機種には、ストロングCTと同じ口径の「スリムカートリッジ」という種類があったのですが、いまでは販売されていません(廃盤)。もし持っていたらオススメのカートリッジです!

この2つのカートリッジであれば、vioのデコボコした細かい部分にまでフラッシュを照射することができるので、より綺麗な仕上がりが期待できるというものです。

シェービング.

ケノンのフラッシュ光がもっともよく反応する毛足というのがあって、剃りたてのツルッツルで全然毛足がない状態では光は反応できません。最適な毛足は、「1mm」程度。ということで、照射日直前にシェービングをしても意味がありません。前日、もしくは2日前あたりのシェービングがベストです!

vioにカミソリでの処理は×.

vioラインというのは自分の目で見づらいだけでなく、かなり凹凸の激しい部位です。そのような部分をカミソリでジョリジョリやっていたら、いつ皮膚を傷つけることになるかわかったものではありません。vioライン専用の電動シェーバーが、種類も多数市販されていますので、できればそのような安全に使えるものを選びましょう。

ちなみにケノンでの脱毛処理中に毛抜きで抜くといったような行為は完全NGなので気を付けて!毛抜きを使って毛根から毛を引き抜いてしまうと、反応するメラニン色素が無くなってしまうため、照射自体がムダになります。

より綺麗にシェービングするコツは?

シェービングを完璧に、より綺麗に処理するためのコツとしては、まず処理する前には毛を清潔にして 蒸しタオルなどで温め、毛穴を開かせるとともに毛自体を柔らかくしておくことが肝心。

その点でいくと入浴後などがベストなタイミングですが、「入浴後スグ」だと皮膚自体の火照りもあり、そのような状態のところにフラッシュの熱をさらに照射するのは肌リスクが高くなります。なので入浴後スグではなく、肌の火照りが引いた後、時間にして「15分後」くらいがいいのではないでしょうか

毛量を調節する場合は最初は全剃り?!

vioラインの毛があまりにも多くてムダ毛の処理だけではなく、「毛量も調節したい!」という場合は、初回から複数回に渡ってアンダーヘアの毛を全て剃る必要があります。

毛量の調節には、1回の照射ごとの毛の減り具合を見ながら調節していくので多少時間がかかります。照射を重ねていくと毛量が減るだけでなく毛質も徐々に変わってきて、細く柔らかい毛へと変化します。

vio脱毛で準備するもの.

vio脱毛に最適なカートリッジを選んだところで、その他にも必要な道具を揃えていきましょう!

《vio脱毛に必要なものリスト》
・鏡(できれば2つ/比較的大きい姿見と小さめの手鏡のようなもの).
・保冷剤/クーリングジェルなど(できるだけたくさん).
・ホクロなどを保護するシール or バンソーコー.
・白い布かティッシュペーパー(i・oラインの粘膜保護用).
・水性マーカー(照射した部分をチェック/重ね打ちや照射漏れ防止対策).

vioの脱毛では、 ”vライン” 以外は鏡がないと直接目で見えない場所です。鏡ひとつでもできる人はできるのでしょうが2つあれば、より見やすく確実に照射することができそうです。

i・oラインは痛みが強い部分なので、事前のクーリングは必須!皮膚の感覚がほぼ無くなるくらい冷やすことで痛みのない脱毛処理ができ、またサクサク照射をすすめられます。

ケノンのモード設定は「手動モード」!

ケノンには、照射ボタンの切り替えを設定することができる機能が搭載されています。照射ボタンを自分の指で押してフラッシュを照射する ”手動モード” と、カートリッジのフレーム部分が全て肌に当たっていることをケノン本体が自動で認識したら、勝手にフラッシュを照射する ”自動モード” があります。

vio脱毛の際はこのモード設定を「手動」にしておくことをオススメします。理由はすでにお分かりかと思いますが、超デリケートゾーンのvioという部位だけに自動でフラッシュを照射するようにしておくと万が一 誤照射が起きる可能性があります。自分で照射ボタンを押すことで確実に目当ての部分に照射することができ、誤って照射されるというリスクを軽減できます。

v・i・oそれぞれのやり方を解説.

それではいよいよvioラインそれぞれの、ケノンでの脱毛の仕方を解説していきたいと思います。まずはvio脱毛をする前の事前準備としてしなければいけない作業から。

|vライン.

まず 自分でどのような形のvラインにしたいのか を決めます。日本人女性に人気の形は、「オーバル(楕円形)」「逆トライアングル(三角形)型」「スクエア(台形)型」が主流のようですが、中には「ハート型」や「星型」などの奇抜な型にする個性的な人も。

* 好みの形が決まったら…

自分好みの形が決まったら型紙をとって切り抜き、その型紙を元に周りの毛を剃ります.
ケノンの公式販売サイトでは、同時購入できる “アンダーヘア用スタイルガイド(好きな形を切り抜くだけ)” なるものがありますので、まだケノンを検討されている人はご参考まで。

「特に形など気にしない。ショーツからはみ出る毛だけを処理したい」という場合は、T-バックなどを着用して、それに収まりきれない毛のみに照射するようにすれば綺麗に整うのではないでしょうか。

ちなみにハイジニーナ(vioラインの毛を残さない方法)にする場合は、とにかくひたすら「剃って→照射→剃って→照射→剃って…」の繰り返しです。

* いよいよ照射開始!!

v部分は(i,o部分もそうですが)肌はとってもデリケートな割には毛質は剛毛。しかも縮れ毛。という厄介な場所です。
通常のカートリッジ(ラージCT・プレミアムCT)でも脱毛できるとは思いますが、より効果を得たいのなら やはりストロングカートリッジ” がオススメです!

ショットの出力レベルは、効き目に個人差があるので「このレベルで!」っと断定することは無理ですが、効き目があるのは
MAXレベル(レベル10)でのワンショット です。
i,oラインではちょっと痛み的に厳しいかもしれませんが、vラインだったら冷却ジェルでひたすら冷やしながらやっていけば、なんとか耐えられるのではないかというレベルです。

* vラインが楽に処理できる体勢は?

vラインはvioの中でもイチバン処理しやすい場所。自分の目で直接確認できるので確実にショットを当てることができます。なので特にコレといった体勢はありません。

立ったまま作業するもよし、体育座りでそのまま開脚、また椅子に浅く腰掛けた姿勢で開脚など、自分で少しでも楽になる姿勢を考えましょう。ただ、腰掛ける場所はベッドやソファのような不安定な場所ではなく、体勢をキチンと維持できる場所を選ぶようにしましょう。

|iライン.

続いてiライン。
ここはもう形を気にすることはないのですが、局部に照射しないように気をつけて。あと粘膜部分の毛にも。あくまでも股間のキワキワの部分のみにとどまりましょう。どうしてもパイパン(全く毛が無い状態)にしたい場合は、覚悟を決めて公共機関(脱毛サロンor美容クリニック)へ。

形を気にしなくていいので、まず 脱毛したい余分な毛をハサミorシェーバーでカット。あまり長いとケノンのフラッシュの効き目がなくなります。皮膚から1mmくらいを目安にしてください。

* iラインが楽に処理できる体勢は?

iラインを処理する体制も基本はvラインと同じような感じでいいのではないかと思います。ただ立ったままの姿勢はiラインでは難しいかもしれません。

完全に座った状態で(体育座り)開脚、椅子に軽く腰掛けた状態で開脚など。またちょっと小さめの鏡を完全に床に置き、その上から跨ぐような感じで「和式トイレ座り」などもオススメです。

|oライン.

oラインというのは肛門周辺にあるムダ毛のこと。意外とこの部分には女性であってもけっこう毛が生えてるものです。
oラインは、iラインよりもさらに見づらいので確実に鏡が必要になります。

手順としてはiラインと同じ要領で照射していきます。i,oラインへの照射は、かなり痛みが強い場合が多いので、できるだけ低いレベルから始めて徐々にレベルアップしていくようにしましょう!冷却ジェルはできるだけたくさん用意しておいた方がいいです。

* oラインが楽に処理できる体勢は?

oラインを処理する場合の体勢は、iラインでも紹介した「和式トイレ座り」がもっともいい体勢ではないでしょうか。もしくは、姿見を背にしてお尻のムダ毛が良く見えるように前かがみで振り向いて鏡を確認しつつ照射、というのもアリかと思います。

肛門周りは特に見えづらく、意外と内側の粘膜に近いキワキワの部分までブットイ毛が生えていることがあります。なのでいかに見やすくするかということを考えると、鏡プラスライトで照らすなどすると、より明確にムダ毛が確認できるでしょう。

vio脱毛に最適な照射頻度は?

vioラインというのはいわゆる「性毛」で、髪や他の体毛(無性毛)とはちょっとわけが違う、性ホルモンの影響を大きく受けた毛です。脇毛と同様に思春期を過ぎ、女性ホルモン・男性ホルモンの分泌が盛んになってくると徐々に生え始めます。そのため他の体毛のようには、簡単には脱毛していくれません。男性のヒゲ同様、剛毛かつシツコク、かつ密集していますので、かなりの根気と努力が必要になります。

そこで、ケノンでするvio脱毛の処理頻度はどれくらいがいいのか?という部分を解説していきます。ケノン販売元が推奨する処理頻度は2週間に1回です。ですが前述したようにvioの毛はヒゲと同じようにちょっとやそっとでは効果を実感することはできません。ヒゲの場合は2週間に1回程度では到底いつまで経っても効果は期待できません。

ヒゲ脱毛で推奨している照射頻度は1週間に1回です。なので、vioもそれくらいの頻度でやったほうが、より効果を早く実感できるかもしれません。ただ痛みが心配という人は、くれぐれも無理は禁物です!

ケノンでのvio脱毛の痛みを軽減するコツ.

ケノン vio やり方
ケノンは使い方によって様々な痛み軽減措置を備えている家庭用脱毛器です。照射モードの切り替え(自動モードor手動モード)にしてもそうですが、痛みを抑えるという目的以外にも、脱毛効果をアップするための機能など、とにかく高性能な脱毛器です。

そんなケノンでvio脱毛につきものの「痛み」を解消するために有効な方法を、使い方や機能の面からいくつかご紹介します。

効果は落ちるが連射モードで痛み軽減.

ケノンには3回・6回という連射モードが搭載されています。
連射モードというのは、1回の照射で発行されるフラッシュが複数回発射されるというもので、3回は「トリプルショット」6回は「シクスタブルショット」と呼ばれます。ちなみに1回だけの発光による照射は、シングルショットやワンショット・単発などと呼ばれます。

トリプルショット(3連射)では1回の照射で3回のフラッシュが発光。シクスタブルショット(6連射)では6回のフラッシュ発光となります。連射の回数が多くなるにしたがって照射パワーは分散されるため、脱毛効果は低くなりますが痛みは軽減されます。脱毛効果が高く・早く脱毛を終了したい場合は、多少の痛みを我慢してもシングルショット(単発)での照射をオススメします。

この連射モードにはもう一つデメリットがあって、カートリッジの消耗が3連射・6連射でそれぞれ3回分・6回分消耗します。なので、よほど痛みを抑えたい場合を覗いて、この連射モードを使うことは脱毛効果的にもカートリッジの寿命的にもあまりプラスにはならないということになります。

照射前後のクーリング.

痛みの軽減にはクーリングは欠かせません。照射前は特に!vioは毛質はかなりの剛毛ですが、皮膚は薄く非常にデリケートな部分です。しかも色素沈着や黒ズミといった肌トラブルを抱えているケースが多い場所なので痛みもひとしお。

照射前は皮膚の感覚が無くなるくらいに冷やすことでほとんど痛みを感じることなくサクサクと照射を進めることができるようになります。

色素沈着を起こしている部分を保護.

ケノンのフラッシュ光は毛だけでなく皮膚の内部にあるメラニンにも反応します。そのため皮膚自体が黒く色素沈着を起こしていたり 黒ずんでいたりすると、そっちの方に反応するため毛根への効果が半減します。そのため痛みが生じたり、その他にも様々な肌トラブルに見舞われることになるのです。

皮膚の黒ズミは美顔器モードの方で、別個にして徐々に解決するとして、脱毛モードでは脱毛の方に集中してほしいものです。そのため皮膚の黒ズミを補う処置として、ファンデーションを塗ったり ベビーパウダーを塗ったりするのが有効です。ただ、毛穴を塞がないよう薄く塗ることが重要。ファンデーションやベビーパウダーが毛穴に詰まってしまったら、それこそ脱毛効果もなにもなくなってしまします。

またvioにあるホクロや傷などもしっかりと保護テープなどで保護してください。vioのホクロなどは自分では分かりにくいものですが、照射した時の痛みで気付いたりすることもあります。ファンデやコンシーラーでも隠せなくはないですが、より確実なのは保護シールやバンソーコーです。またシールを使う際はできるだけ白色、またはそれに近い出来るだけ明るい色調のものを使うように。黒系色だとまた光が反応してしまいますので隠す意味がなくなってしまいます。

日頃から日常的におこなう保湿ケア.

ケノンでの脱毛期間中は照射したときだけでなく、常日頃から保湿を心がけるようにすることで痛みをやわらげる効果があります。「痛み」が起こる原因は、肌のバリア機能が低下していることによるものです。そしてその肌のバリア機能が低下する理由のひとつが「肌の乾燥」。

脱毛処理時だけでなく、入浴後はもちろんのこと 気が付いたときにちょっと保湿クリームを塗るとか、化粧水で保水してあげるだけでかなりシットリ肌になります。肌の乾燥は痛みを増すだけでなくカユミや炎症といった様々な肌トラブルを引き起こし、脱毛効果を半減する原因にもなりますので、脱毛効果をよりUPさせるためにも「保湿」は重要な作業です。

男性でもケノンでのvio脱毛はできる?!

ケノンは男女問わずに使うことができる脱毛器で、男性のケノン購入者は実に全体の4割という事実!ボディカラーもで始めた頃はピンクやオレンジなどの女性色の強い色ばかりでしたが、ここ数年では男性にも使えるカラーとしてブラックが導入されています。

男性のムダ毛の悩みNo1は「ヒゲ」ですが、このヒゲを脱毛する目的でケノンを購入する人も多いです。その流れでvioなどの体の気になるムダ毛を脱毛することはもちろん可能!ただ男性の毛は女性と比べると明らかに剛毛。そのため女性よりも脱毛効果を実感できるのが遅く、さらに脱毛期間も長くなることは明らかです。

ですが男性の場合女性のようにツルッツルの無毛にするというケースは少なく、あまりにもツルツルなのには抵抗があるという男性が比較的多いということから、「毛量の調整」に利用するようです。

ケノンはそのような使い方もでき、男女問わずに満足な脱毛結果を実感できる脱毛器となっています!

男性でもケノンの使い方・やり方は同じでいいの?

vioの脱毛をする場合、男性でも基本的な使い方・やり方は同じです。ですが男性の場合vioのお手入れをすることなんて滅多にないことなので(女性の場合は比較的早い年齢からお手入れが必要な箇所なので、日頃から常になにかしらの刺激を受けている)よほどのことがない限り、フラッシュ照射をすることなどない部分です。

そのような事情もあり、特にi・oラインの処理ではケノンといえどもかなりの痛みを訴える人もいて、「ヒゲ以上に痛い」という口コミも!ですが、痛みは別にして 脱毛効果に関してはヒゲよりも早く効果を実感できるという投稿もあります。その理由としては、毛根の深さが関係していて vio部分の毛の毛根がヒゲの毛根よりも浅いため、ケノンのフラッシュ光が届きやすいということが挙げられるようです。

「ハイジニーナ男子」が女子ウケがいいと評判!?

近年では、タレントさんなどをはじめとして男性もvioをハイジニーナにする人が増えているようです。いわゆる「男性版のパイパン(vio部分に毛を全く無い状態にすること)」ということですが、「清潔感があっていいね」と 女性ウケがいいことから、一般の男性でもする人が多いらしいです。

ハイジニーナにした男性の意見を聞いてみると、「臭いがなくなった」「カユミがなく快適!」「部屋に陰毛が散らばらなくなって清潔!」など様々なメリットを感じているようです。

vio脱毛 やり方 〜まとめ〜

以上!ケノンでのvio脱毛のやり方・ケノンの正しい使い方について書いてきましたが、もはやvioのお手入れは女性だけでなく男性も当たり前にする時代。やはり西欧文化が徐々に浸透して生活様式も欧米化してきている時代です。体毛のあり方も欧米並みになってくるのは当然と言えば当然のこと。

ですが、無毛の快適さを知ったらもうムシロ毛があることのほうが信じられない!というようになるものです。ケノンがあればそれが実現できるのです!あなたもケノンで無毛の快適さを実感してみてはいかがでしょうか。