ケノンの使い方の基本はやっぱり『毛周期』!?部位ごとに周期は違う!

“ケノン” と同じように光脱毛を行っている脱毛サロンなどで 複数回の脱毛の契約をした場合、施術と施術の間隔はおよそ2ヶ月から3ヶ月空くというのはご存知の方も多いと思います。しかも、脱毛サロンでは必ずしも自分が脱毛したいと思った時にいつでも施術をしてもらえるわけではありません。

人気のあるサロンともなると、予約したい日が満席でできない!なんてことは日常茶飯事。それでなくてもかなりの期間が空くのに加えて予約が取れない!となるとさらに処理は遅れていきます。

ではなぜ脱毛サロンや医療脱毛クリニックでは、2ヶ月も3ヶ月も間を空けての施術になってしまうのか?その理由を解説していきます。

『毛周期』に沿った施術には意味がある.

ケノン 使い方 周期
なぜそんなに間隔をあけて処理をするのか? 「できるだけ長い期間通わせようとして、わざとやっているの?」と、疑問に思うことでしょう。脱毛サロンに通ったことのある人ならその辺の説明はエステティシャンさん もしくはカウンセラーの人から説明してもらえるのでしょうが、ただ聞いただけだと どうしてなのかわからないものです。

脱毛サロンや医療クリニックでの施術は基本的には、『毛周期』に合わせた脱毛方法をとっているいます。”毛周期” に合わせた脱毛で2ヶ月〜3ヶ月おきの施術になるのは、より脱毛効果を高めるためで必要不可欠なのです。

ではそもそも「毛周期」とはなんなのか。その辺のところを詳しく解説します(ご存知の方はスルーしてください)。

|人にはそれぞれの “毛周期” がある.

人体に生えているすべての体毛には毛が生え変わる周期があって、これを
「毛周期」
と呼んでいます。
最近では技術の向上に伴って脱毛機器も進化し、 “毛周期” を無視した脱毛方法も可能になってきています。新たにできる脱毛サロンなどでは毛周期に縛られない脱毛を「スピード脱毛」として徐々に主流になってきつつあります。が、まだまだ光脱毛の基礎である ”毛周期” に沿った脱毛というのは根強く効果があるとされています。

「毛周期」のサイクルは、成長期(前期・後期),退行期,休止期 の4つの段階を辿ります。毛は この周期を繰り返して生え変わりを続けているわけです。レーザーや光による脱毛で、照射した光が作用するのは この4つのサイクルのうち “成長期 前期” から “退行期” にかけて皮膚表面に生えている一部の毛だけです。

“休止期” に突入中で皮膚表面に出てきていない毛に関しては、成長期前期になって毛が生えてくるのを待つことになります。この毛周期のサイクルは、部位や個人差によって多少の違いがありますが、だいたい 2ヶ月〜3ヶ月のサイクルだといわれています。

以上のような理由で、毛周期によって生えてくるタイミングの違いをうまく見越して施術を決めるため、必然的に施術の間隔が空いてしまうというわけです。

|”無性毛” と “性毛” の違いって知ってる?

毛周期とは別に全ての体毛は「無性毛」と「性毛」に分けることができます

今 生えている体毛は、すべてが子供の頃から生えている毛ではないハズ。
つまり、大人になってから生えてくる毛(ヒゲ・胸毛・背毛/男性毛,vioライン=陰毛・脇毛/両性毛など)は『第二次性徴』という、性的に成熟する過程で生えてくる毛があり、それを「性毛」と呼びます

それとは逆に子供の頃から生えているムダ毛(髪や足/腕など 性毛以外の体毛)が「無性毛」です

”無性毛” は基本的に毛周期が短く6ヶ月〜1年周期ですが、例外として「髪」で2年〜6年の周期で抜け落ちていきます。髪以外の無性毛はだいたい6ヶ月〜1年、眉毛に至っては3ヶ月〜4ヶ月という早い周期でまわっています。
”性毛” の場合は部位によって異なり、男性毛であるヒゲは半年〜1年半 両性毛のアンダーヘア(VIO)は1年〜2年・脇で1年〜2年半となっています

そしてこの2つの毛の決定的な違いは、ホルモンの影響を受けているか否かというところにあります。

『性毛』はホルモンの影響を受けて生えている毛!

”性毛” という名のとおり、男性であれば男性ホルモン・女性であれば女性ホルモンの影響を受けている毛ということです。

それは光脱毛においては意外に重要で、「ホルモン分泌を抑える」ということも脱毛効果をアップさせるひとつの方法として役に立ちます特に男性ホルモンの分泌を抑えることができれば、ヒゲや脇毛・VIOラインの脱毛も多少なりとも楽になるとのではないでしょうか

ホルモンの分泌を抑えて脱毛効果アップ!

脱毛効果をアップさせる方法として 毛周期を考慮した脱毛だけでなく、「ホルモン分泌を抑える」ということでも多少の効果は期待できます。事実、男性の頭髪の薄毛問題はほとんどがホルモンの影響を受けているといわれています。

それだけ、毛とホルモンの関係は密接に関わりあっているのです。脱毛においても、無性毛はともかく性毛に関してはホルモン分泌によって作用されやすいともいえる毛ですので、確実に駆逐したいのであればホルモンに影響を与える具体的な対策も必要になってくるでしょう。

ケノンでの脱毛は毛周期を考えた脱毛?

毛周期についての詳細はご理解いただけたところでケノンに話を戻しますが、ケノンでの脱毛方法(使い方)は毛周期を考えられた脱毛なのかどうかということ。

ケノンのメーカーが推奨する使用頻度は「2週間に1回」とされています。これは本来の毛周期を考慮した、脱毛サロンや医療クリニックでの施術間隔と比較するとかなり早いサイクルになります。
次はそこのところを詳しく解説していきたいと思います。

|”2週間に1回” の使い方って早くない?

毛周期のサイクルについては前述したとおりです。毛周期を考えた脱毛方法では「退行期」を迎えた毛が、抜け落ちてから再生するまでの2ヶ月〜3ヶ月という周期に合わせて施術をするという脱毛サロンや医療脱毛クリニック。

そのようなプロの施術方法と比較した場合、ケノンの「2週間に1回」という処理頻度は毛周期を考えた処理というには早すぎるのでは?という疑問が浮上します。

2週間に1回ペースという処理方法はどういうことなのでしょうか。

”家庭用” と ”業務用” の違い.

ケノンはあくまでも ”家庭用” 脱毛器です。それにひきかえ公共施設で使われている脱毛機は業務用の、いわゆる「マシン」。つまり、根本的に作りが違うしパワーも比べものになりません。

”家庭用” としてシロウトが扱うことができる、「美容機器」としての脱毛器には搭載する出力パワーに限界があります。そのため業務用の ”脱毛マシン” だったら2ヶ月〜3ヶ月おきの処理で生えている毛を全て一網打尽にできるかもしれませんが、家庭用の出力に限界のあるケノンではそこにある毛全てに照射したフラッシュを反応させる事は難しいのです。

したがって、そこをところを回数でカバーする目的で2週間に1回という頻度を推奨しているということ。まあそうなると、もはや「毛周期なんて関係ない」と言えなくもないですが。

ケノンでの使い方は もはや毛周期は関係ない!?

ケノンの使い方・照射頻度でいくと、もはや毛周期は関係ないのでは?と思います。キッパリと「関係ないことはない!」と言いたいところですが、おそらくケノンユーザーの中で実際に ”毛周期” を意識して照射をしている人は少ないと思います。

とにかく2週間に1回、効かなければ1週間に1回の照射を繰り返せば脱毛できる!という基本的なやり方を実践しているだけにすぎないのではないでしょうか。ですがそのやり方が「家庭用脱毛器」であるケノンにとっては最もベストな方法で、かつ効果的な脱毛方法なのです!

ケノンの進化はもはやサロンなみという噂が!!

ケノンでの「2週間に1回」という処理方法(使い方)は、脱毛初心者など、脱毛に関してまったくの素人にとって、小難しい「毛周期」などを考えずに処理できる方法としてプラスとなっているといっていいでしょう(そもそも自分の毛周期なんて知るヨシもありません)。

ですがケノンは毎年1回は必ずバージョンアップと称して性能の見直しを行っていて、今ではサロン並みの性能ともいわれています。
そんなケノンで2週間に1回照射するということは、脱毛効果を実感できない方がおかしいということになるのではないでしょうか。

|”2週間に1回” という周期での使い方は絶対?

ケノンでの脱毛においては、とにかく効果が出始めるまでは2週間に1回という周期を守る必要があります。ヒゲやvioライン・脇などは「1週間に1回」というイレギュラー的な周期での処理も時には必要。逆に2週間以上間が開いてしまうと脱毛効果はなかなか実感することが難しくなる可能性があります。

2週間以上の間隔をあけていいのは、脱毛効果が出始めて、実際に毛量が減っている場合です。脱毛効果が出始めると毛が生えてくる速度が遅くなることから必然的に照射間隔もそれに合わせて伸びるカタチになります。

|ヒゲや脇毛・vioなどには ”裏ワザ” も必要!?

同じ体毛でも「性毛」であるヒゲや脇毛・vioラインなどの毛はそれぞれのホルモンの影響を多大に受けている毛です(前述にて解説)。このような毛の脱毛効果アップをのぞむには、多少 イレギュラーな周期での照射も必要になります。

俗にいう「裏ワザ」というやつです。この ”裏ワザ” には諸説ありまして「1回の照射で同じ箇所に複数回照射する」というもの「照射した3日後に再度同じ箇所に照射する」というもの「毎日照射をする」など様々なものがあります。

いずれにしても、どの方法も短期間の周期で同じ箇所への照射を繰り返すという方法であることは間違いありません。このような方法では、肌への負担が大きく 肌トラブルへのリスクが高まる一方で、確かに高い脱毛効果を期待できるようです。

周期だけにこだわっていては脱毛効果は得られない.

「裏ワザ」のやり方などでも ”処理周期” がいかに効果を得るために重要なことであるかがわかります。ですが周期ばかりに気を取られて他の基本的な処理がおろそかになっては、いくら徹底した周期を守っていても効果は半減してしまいます。

「使い方の基本」をシッカリと実践した上で周期を守って照射をおこなうことが大切!

特に脱毛効果に影響する基本の使い方で重要なポイントを記載しておきます。

|照射前のシェービングは必須!

なかなか効果が実感できず、照射する周期を早めることや重ね打ちなどの裏ワザを使って照射するのは「自己責任」においてならいくらでも自由にできます。ですがその際、肝心の事前シェービング作業を忘れてしまうとせっかくの裏ワザも効果がなくなってしまう可能性があります。

長く伸びた毛に重ねうちをするのは「ヤケド」という肌トラブルの元になります。照射する周期を早めるというのは、それだけ手間も増えるということを覚えておきましょう。

|照射後の保湿は徹底する!

本当なら照射後だけでなく常日頃からの保湿がベストです。脱毛効果を高める上で保湿は重要な作業。照射後の肌をそのまま放置すると乾燥してしまい、肌本来のバリア機能が衰えるだけでなくターンオーバーもうまくいかなくなります。

肌のターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)がうまくいかないということは、照射後に脱毛される毛がうまく抜けられず、そのまま残ってしまうという自体を招くという可能性も考えられます。「保湿」は照射と同じくらいに重要な作業ということを認識しておきましょう!

|我慢できる限界まで出力レベルは上げる.

照射自体の出力設定もまた重要です。いくら照射回数を増やしても出力パワーが弱いまま照射していたのではいつまで経っても毛根へ作用することはありません。ただカートリッジを消費するだけにすぎないでしょう。

無理をしすぎない程度に、肌トラブルにならない程度に我慢ができる限界まで出力を上げて照射をすることをオススメします。

どうしても効果が得られない人はどんな人?

数多くの実証サイトや口コミを見てきて感じた、どうしてもケノンで脱毛効果を得られない人とはどのような人の特徴をあげておきます。
● 照射する周期(頻度)にムラがある人.
● 基礎的な使い方を守らない人.
● 照射だけすれば効果が出ると思っている人(他のケアを一切しない).
● 全体の体毛がもともと薄い人.
● 痛みに弱い人(出力レベルを上げることができない).
● 肌の乾燥が極端にひどい人.
● 初めからケノン(家庭用脱毛器)に対して懐疑的な人.
● 医療脱毛(レーザーや絶縁針など)をもってしても効果が出なかった人.
● ケノンを正しく使いこなせない人.

などが、なかなか効果を出せず 効果が出ない理由をケノンのせいだとする傾向にある人です。

上記のような条件に当てはまる人、心当たりのある人は今一度改めてケノンを基本的な使い方・正しい使い方で使ってみてください!