ケノンの効果を引き出す脱毛方法.

国内シェアNo1の家庭用脱毛器であるケノンを使っての脱毛は、通常の取説通りの使い方でも十分に脱毛効果は期待できます。ですが、より脱毛効果をあげたい場合は、ほんの少し 他の人と差をつけるためのちょっとしたケアが必要になってきます。

ほんのちょっとのケアで差がつくケノンの脱毛.

シェービング時のポイント.

【カミソリの使い方】
ケノンを使う前には必須条件の ”シェービング”

”IPLフラッシュ脱毛” は、毛の黒や茶色に反応する事を利用した脱毛方法です。黒い色に反応した光は吸い寄せられるように毛根内部に取り込まれ、取り込まれた光は熱エネルギーへと変換し、その熱で毛根にダメージを与え 発毛を抑制する と言う仕組みです。

IPLフラッシュ光が最もよく反応する毛は、長すぎてもいけないし、短すぎてもいけません。程よい長さの毛により反応します。その「程よい長さ」の毛は、素肌から1mm程度伸びたくらいの毛。
 つまり、シェービング後 2,3日経ったくらいの毛が一番反応しやすい とされています。

ケノン照射予定の2,3日前には必ずシェービングをするのを忘れずに!!
 そして このシェービング時に気をつけたい事。それは、
○ 毛の流れに沿って剃る事.
肌そのものを傷つけてしまう深ぞりは厳禁です!シェービングフォームがあれば一番ですが、なければ石鹸でも構いませんので 何かしら潤滑剤?的なものを必ず塗ってから、剃りましょう。空ゾリ(なんにもつけない,濡らさない)は絶対NG!

照射する部分の皮膚はこまめに冷やす!

特にデリケートゾーンへの照射時 ですね。デリケートゾーンはフラッシュ式であっても痛みを感じる場所。照射するたびに痛みでしばらく中断というような処理では、効果は半減してしまいます。できるだけ一気に素早く照射できるように、事前のクーリングは重要です。
 また肌を前もって冷やしておくと、赤みや腫れなどを防ぐ事にもなります。

ハンドピースはぴったりと肌に密着!

力任せにギューギューというほどでなくてもいいのですが・・ フラッシュが外に漏れない程度の程よい力加減で。

できるだけマックスレベル1ショットで!

ケノンの脱毛効果が最大限に期待できるのが、どのカートリッジを使うにしても、照射レベルはMAX10!の1ショット照射です。
 慣れないうちは、低いレベルからの照射は当然ですが、ある程度慣れてきたら できるだけこの照射スタイルを維持するとより効果が得られます。

ちょっと痛いくらいがちょうどいい.

照射を続けていくと、徐々に効果が実感できてくるケノン。効果が出てきて、毛が少なくなってくると当然痛みも和らいで続けるのが楽になってきます。
 そうなるまでは、少〜し我慢して「ちょっと痛いかな?」くらいのレベルで照射するとまた、より効果が早く実感できます。