ケノンは小学生でも安全に使える脱毛器!子供へな安全な使い方.

小学生といえども発育が早い子というのはクラスに何人かいるもので、女の子で毛深かい子というのは結構イジメの対象になったりします。そのため大人以上に深刻な悩みであることが多いです。そんなお子さんの悩みには真摯に向き合ってあげてください。

「まだ小学生だから脱毛なんて早い!」「子供の肌には刺激が強すぎるのでは?」などの不安や反発もわかりますが、脱毛サロンなどでは 3歳から受け入れているところもあるくらいで、決して「早い」などということはありません。

ケノンで小学生くらいからの脱毛は可能?

ケノン 小学生
ただ家庭でするケノンでの脱毛ということになると、「本当に安全なのか」とか「成長期の子供の毛にフラッシュ照射をしても無駄なのでは?」などといった疑問が生じます。

このページではそのような疑問や不安を1つずつ解消していきます!

|成長期の子供に脱毛は無駄?

いくら子供の毛が濃くて、それが思いの外深刻な悩みだとしても、実際問題まだまだ成長期の子供のムダ毛に脱毛処理を施しても結局無駄になるのではないか?という気持ちも頷けます。

ムダ毛に悩んでいる とは言っても、体の変化が激しくホルモンの影響を受けやすい思春期という時期を前にした小学生に脱毛処理をしたところで、大人ほどの効果は期待できるのか、甚だ疑問は残ります。

ですが、実際に脱毛サロンなどで実施している店舗もあるということで、まんざら効果がないわけではないようです。ムダ毛の濃さに悩んでいる女の子の悩みの深刻さを見て見ぬ振りはできないもの。

家庭用脱毛器ケノンであれば、さほど費用がかかるわけでもなく自宅で気軽に、信頼できるお母さんの手によって、細心の配慮と正しい使い方でもって小学生であっても安全に脱毛処理をすることができます!

|子供の肌にフラッシュ照射をしても大丈夫?

子供の脱毛の場合、成長期・思春期にはホルモンの分泌が始まることで、新たな性毛の発育などが活発になります。そのため、このような時期の脱毛処理は効果にムラが出ます。

高校生以上にもなれば、ホルモンの分泌も安定し 毛周期も決まってくるので安定した脱毛効果が期待できます。思春期を迎えている子供への照射は、皮膚も敏感になっているので照射レベルに十分に注意するなどして対応することで、肌トラブルを避けて処理することができます。が、いかんせんこの時期を挟んでの脱毛処理は、やはり効果的には一時的なものになってしまうことが多いというのは見逃せない事実です。

思春期を終えて性ホルモンの分泌が安定するまでには、毛根が活性化され新たな毛の生成が始まっていますので以前にも増して毛が濃くなる可能性が高いということを認識した上での脱毛処理を!

|ケノンを操作するのは基本親御さん!

お子さんの脱毛だからといって、ケノン本体の操作や照射そのものをお子さんの手でやらせるのは絶対にダメ!必ずお母さん、もしくはお父さんが照射を担当してください。今時の小学生はゲームやパソコンの復旧から、機器というものを扱いなれていて、しかも大人よりも覚えが良くて(扱い方)上達も早いです。

ケノンは操作自体は単純ですので小学生程度のお子さんでも簡単に扱うことができるでしょう。ですが、ケノンはゲーム機や端末とは訳が違います。身体になんらかの影響を及ぼす美容機器になりますので、万が一の操作ミスで大変な事故に繋がりかねません。

必ずお子さん自身の手で脱毛処理をすることのないように!お母さん・お父さんが見守りながら慎重に脱毛処理をしてあげましょう。

ケノンを小学生に使用する際に注意すること.

ケノンでお子さん(小学生程度)の脱毛処理をする場合に、注意するべきポイントをまとめてみました。

1)絶対にお子さんにハンドピースを持たせない.
子供というのは非常に好奇心が旺盛で、なんでも自分でやりたがります。ケノンでの照射が慣れてくると、勝手に取り出して自分で処理しようとすることもあるでしょう。そんな時、いかにお子さんが慣れていて上手に照射ができたとしても、必ずお母さん(orお父さん)の手で脱毛処理をすることが重要です。

2)必ずサングラスを装着する(両方).
なんならお子さん側の方は、より完璧に光をガードすることが可能な「ゴーグル」などがいいかもしれません。照射した瞬間の光は、漏れた光とはいえ子供の目には強烈です。

また、いくら大人が照射するとはいえ誤照射がないとは限りません。よって子供にはより安全に対策をしておく必要があります。水泳用のゴーグルであれば体育の時間で使うこともあるので用意しておけば一石二鳥です!

3)照射する際は必ずパッチテスト済みであること そして必ず低いレベルから!
成長期の子供の皮膚というのはとてもデリケートです。にもかかわらず、学校では元気に走り回り?日焼けも容赦なし!ケノンでの照射期間中は「日焼け」についての注意も必要であることなどをキチンと言い聞かせることも大切です。

そして初めて照射する場合は ”パッチテスト” は必要不可欠!「パッチテストが大丈夫だったから」と、いきなり高レベルでの照射はNGです。必ず最低レベル「1」から 徐々に上げていくように!

4)子供の脱毛処理は秋から冬がオススメ!!
前項でも述べたように子供の光脱毛には夏場は要注意です。子供はとにかく夏は戸外で動き回ることが多いもの。学校では「脱毛してるから」といって一人だけ屋内で・・なんてことは絶対にあり得ません。そんなことをしたらそれこそアッという間にイジメの対象に!

そのようなことから、夏場に脱毛処理をおこなうのは子供の場合はかなりキビシイものがあります。できるだけ戸外で遊ぶことが少なく、肌の露出がなくなる秋口から冬にかけての脱毛処理がのぞましいでしょう。

5)照射前後のクーリングは必須項目!
照射する前はもちろん照射した後もしっかりと保冷剤を使って冷やすことを忘れずにおこないましょう!子供の肌は非常にデリケートなのでちょっとでも熱がコモるとスグに赤みや炎症といった肌トラブルへと発展します。

保冷剤で冷やすのをメンドくさがったり嫌がったりした場合は、キチンと冷やすことの意味や必要性、冷やさないとどんなことが起こるのかというようなことも丁寧に説明してあげましょう。

6)照射後の肌には大人以上に入念なケアを!
子供の肌というのは、大人に比べるとまだまだ水分量が多く プルップルでモッチモチの弾力にあふれています。光フラッシュ照射というのは、光の熱エネルギーによって毛根に刺激を与え、脱毛を促進するというもの。フラッシュによる熱は、肌の水分を奪います。

照射後の火照った肌をそのまま放置することは、飛ばされた水分を補うことができずに肌の乾燥を招きます。小学生というまだまだ育ち盛りの肌には大人の自分以上に入念な保湿ケアが重要になります。

照射後は必ず、子供にとって刺激の少ない化粧水(ベビーローションなどでも可)などでシッカリと保湿をおこなってあげましょう!

ケノンメーカーは子供の脱毛は推奨していません.

ケノン販売元は子供の脱毛・高齢者の脱毛は推奨していません。ですが、大人の ”vio” などにしても、i・oラインに関しては 基本的にケノンメーカーさんは推奨していませんが、実際は「自己責任」ということで皆さんやっています。

ということで、子供でもひとりで使用するのではなく、親の承認のもとで、親がケノンを使って子供に照射する分には特に問題はないことなのではないでしょうか

ただ、子供が自分ひとりで処理をしようとするのは完全にNGです。とにかく「親の監視のもとで絶対に子供にハンドピースを持たせない!」という強い意志をもてる親御さんであれば、安心して子供さんも処理を任せられるというものです。

|早い時期からの脱毛が有利なのが「ヒゲ」!

ケノン 小学生
ケノンは思春期前のお子さんに使うと、往往にして脱毛効果がムダになってしまうことがあります。それは性ホルモンによって、起こされるハズの毛根が、まだ眠っているうちから照射することによるもの。

ですが思春期を迎えて、徐々に生え始めた頃の毛、例えば中学生くらいからの生え始めのヒゲなどへの照射にはケノンは効果を発揮します!

男性の剛毛でシツコイ髭は、毛根が完全に完成してしまってからでは脱毛するのは大変です。まだ出来たてホヤホヤのうちからサッサと脱毛してしまうことで、より綺麗に跡形なく処理することができるというもの。

性ホルモンの影響を受ける部分の毛こそ、早め早めの処理が有効です!!

|ケノンでのキッズ脱毛はカミソリや毛抜き・除毛剤よりはマシ!

カミソリや毛抜き・脱毛ワックス・脱毛テープ・除毛剤といった様々な脱毛グッズは大人の肌にも負担が大きく、結局はごく短期間での一時しのぎ的な除毛にすぎないということからあまり推奨されていないのはご存知のことと思います。

大人でも推奨しないということは、子供の肌にとっては想像以上に負担が大きいというのは説明しなくてもわかることでしょう。その点ケノンでは、皮膚の毛根以外の組織にはなんの作用もなく、照射の仕方によってはまったく刺激を(痛み)与えることなく脱毛を促進します

世のお母さんたちは、経済的にも安価でお手軽な「カミソリ」での処理をついついやってしまいがちです。ですが子供(ことに小学生という年代)の肌が、大人のデリケートゾーンにも匹敵する肌質と捉えた場合、自分のデリケートゾーンに何度も剃刀の刃を当てる行為が何を意味するか、というのを考慮するべきです。

何度もカミソリで処理をしていくうちに、皮膚内部では色素沈着が起こり 徐々に黒ズミが蓄積していくことになります。しかも毛深い悩みはいつまでたっても解消されず、さらに肌トラブルを増やしているようなもの。

本当にお子さんの毛深い悩みを解消する気があるのなら、家庭用脱毛器ケノンでのキッズ脱毛をオススメします!!もちろん処理をするのは大人ですよ!