毛周期を知る.

“ケノン” と同じように光脱毛を行っている脱毛サロンなどで 複数回の脱毛の契約をした場合、施術と施術の間隔はおよそ2ヶ月から3ヶ月空く というのはご存知の方も多いと思います。

 自分が脱毛したいと思った時にいつでも施術をしてもらえるわけではありません。

なぜそんなに間隔をあけて処理をするのか・・? 「できるだけ長い期間通わせようとして、わざとやっているの?」っと、知らない人は疑問に思うことでしょう。脱毛サロンに通ったことのある人ならその辺の説明は、エステティシャンさん もしくはカウンセラーの人から説明してもらえるのでしょうが、ただ聞いただけだと どうしてなのかわからないものです。

人にはそれぞれの “毛周期” がある.

すべての体毛には、毛が生え変わる周期があって、これを「毛周期」 と呼んでいます。
 最近では、脱毛器機の技術の向上に伴って “毛周期” を無視しての脱毛も可能になってきつつありますが、ほとんどの場合(電気脱毛,レーザー脱毛,光脱毛すべてにおいて)この毛周期に合わせて施術をしなければなりません。

毛周期のサイクルは、成長期(初期・後期),退行期,休止期 の4つの段階を辿ります。毛は これを繰り返して生え変わりを続けているわけです。レーザーや光による脱毛で当てた光が作用するのは、この4つのサイクルのうち “成長期 初期” から “退行期” にかけて生えている一部の毛だけです。”休止期” に突入していて 生えていない毛に関しては、成長期初期にまた毛が生えてくるのを待たないと、いくら生えていない毛根に光を当てようが効果はありません。

 この毛周期のサイクルは、個人差や脱毛部位によって多少の違いがありますが、だいたい 2ヶ月〜3ヶ月のサイクルだと言われています。

ということで、この生えてくるタイミングをうま〜く見計らって施術を行うことになるために、そのような間隔が必然的に空いてしまうわけなんです。

“無性毛” と “性毛” の違いって知ってる?

今 生えている体毛は、すべてが子供の頃から生えている毛ではないハズ。
 つまり、大人になってから生えてくる毛(vioライン=陰毛,脇毛など)は、第二次性徴という、性的に成熟する過程で生えてくる毛があり、それを「性毛」と呼びます。

それとは逆に子供の頃から生えているムダ毛が「無性毛」です。
注意して欲しいのが、この2つの毛は “毛周期が異なる” と言うこと。
 ”無性毛” は前述した通り 2,3か月周期でのサイクルですが、”性毛” は 1年〜2年の成長期を経て、1年〜1年半の休止期に入る と言うサイクルでもってまわっているんです。これには個人差が大きく関わってきますが、まあ大体それくらい。

 そういったことも考慮しておいたほうが、後々 「なんでまた生えてくるの〜!!もう嫌!!」という事態を避けられます。
 
 
脱毛サロンやクリニックでもそのような施術の仕方をすることで、脱毛効果を上げているのですから、多少なりとも光の出力が劣る 家庭用脱毛器の “ケノン” となると、自分の毛周期を的確に判断できて、かつ、その周期を狙って照射をする ということがいかに重要で、より効果を出すことができる かが、わかっていただけるのではないかと思います。

 ケノンは家で、誰気兼ねなく使うことができる 自分だけの光脱毛器です。最初のうちは、自分の毛周期なんて気にせずに とにかく生えている毛に向かってバシバシ 打つのもいいでしょう。
しかし、徐々に慣れてきて だんだんと効果が見え始めてくるようになったら、ちょっとだけでもこの毛周期を意識して 2,3か月間隔を空けるようにしてみたらもっと効果が上がるかもしれません。